JSAC 日本分析化学会
 


2018年度「ぶんせき講習会」(基礎編その2)

「化学分析の基礎講座 ~実験用基本器具、マイクロピペット、電子天びん、およびpHメーターの原理と使い方~」
PDF版プログラム 】 
 【 参加申込フォーム 】
※定員に達しましたので、参加申込は締め切りました
 【 事前配布PDF版資料 】





主 催 (公社)日本分析化学会近畿支部、近畿分析技術研究懇話会
協 賛 (公社)化学工学会関西支部、(一社)近畿化学協会、(公社)日本化学会近畿支部、(公社)有機合成化学協会関西支部、関西分析研究会
 化学分析のみならず、合成・物性測定など化学実験や培養などのバイオ実験を行う上で、試薬の秤量や調合は実験の質を左右する重要なファクターになります。最近は機器のデジタル表示やパソコンの普及により、これらの操作における測定値は容易に得られるようになりましたが、正しい値や信頼性のある値を得るためには、実験器具の適切な使い方や、機器の正しい校正法や操作方法を理解・修得することが必要です。そこで、本講習会では、主に初心者(研究室配属直後の学生や新入社員)や基礎から学びなおしたい人を対象に、化学実験の基礎となる秤量・調合・溶液調製をより適切に行えるための講義と実習を企画しました。ピペット・メスフラスコなどの実験用基本器具,マイクロピペット、電子天びんおよびpHメーターの基本操作を原理も含めて習得できます。
期 日 2018年6月22日(金)10:00~17:00 (受付 9:40~)
会 場 (株)島津製作所・関西支社(梅田)マルチホール
[大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル14階、電話:06-6373-6522]
<交通>阪急梅田駅下車すぐ,JR大阪駅,地下鉄梅田駅より徒歩5分.
※14階へは高層階用エレベーターをご利用ください。詳細は下記URL参照http://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/kansai.html
対象者 学生や新入社員および基礎から学びなおしたい方 
講習
プログラム
1.講義「実験用基本器具の原理と取扱い方」(10:00~11:00)
神戸大学海事科学研究科  堀田 弘樹 氏

・ガラス製体積計(測容器)の取り扱い ~受用(フラスコ)、出用(ピペット)の容器の違いなど~
・標準溶液の調製

2.マイクロピペットの取り扱い方と管理方法(実習付き)(11:10~12:10)
(株)エー・アンド・デイ 石塚 英樹 氏

・マイクロピペットの規格、構造、選択、基本的な操作方法、維持管理
・精度よく分注するために~揮発性のある液体、粘性のある液体の分注方法~
・電動ピペット操作方法~通常分注と連続分注
3.電子天びんの原理と取扱い方(実習付き)(13:10~15:00)
(株)島津製作所  服部 康治 氏

・電子天びんの感度調整
・天びんの環境や測定目的に応じた使い方
・天びんの点検方法
・応用測定
・天びんの取り扱い
4.pHメーターの原理と取扱い方(実習付き) (15:10~17:00)
(株)堀場アドバンスドテクノ  桑本 恵子 氏

・pHとは
・pHを測るには
・測定したpH値の不確かさ
・電極のメンテナンス方法
・サンプルに適したpH電極の選び方
*参加者には事前に電子メールにてPDF資料を送付します。
*当日はテキストの配布は行いませんので、各自でPDFを印刷しての持参、あるいはタブレット等での準備をお願いします。
*主催者側で昼食を用意します。
参 加 費 主催・協賛団体所属会員 6,000円、学生 3,000円、会員外10,000円 (何れも消費税込み)
申込締切 ※定員に達しましたので、参加申込は締め切りました。
6月15日(金)、定員(20名) 申込受付は先着順とし、定員になり次第、締め切ります。6月16日以降のキャンセルは不可。
申込方法 【参加申込フォーム】にてWebよりお申込みください。
*お申し込み後、自動返信メールが届きましたら、開催日までに参加費のお支払いをお願い致します。
参加費は銀行振込(「りそな銀行 御堂筋支店 普通預金 No.2340726 公益社団法人日本分析化学会近畿支部 名義」)をご利用ください。
*参加証と会場案内図・テキストダウンロード情報などをメールにて送付します。当日、この参加証を持参してください。
申込先  (公社)日本分析化学会近畿支部
〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センター6階 電話:06-6441-5531、FAX:06-6443-6685
E-mail:mail[atmark]bunkin.org
 問合先  青山 佳弘(島津製作所)
E-mail:aoyama[atmark]shimadzu.co.jp
   メールをお送り頂く際は、[atmark]を@に変えて下さい。
※「基礎編その2 ~実験用基本器具、電動ピペット、電子天秤、pHメータの原理と使い方~」は6/22(金)、於:(株)島津製作所
※「実践編 -第65回機器による分析化学講習会- ~SEMおよびXRFによる材料の微小領域分析~」は7/13(金)、 於:日本電子(株)
※「発展編 ~全内部反射顕微分光計測法の基礎と応用~」 は11/30(金)11/22(木)、於:大阪大学をそれぞれ予定しています。
(C) Copyright The Japan Society for Analytical Chemistry, The Kinki Branch